UTMFを終えて補給食について考えてみた

今回、UTMFに持っていった補給食について思ったことを書いておこうと思います。

今回はこれだけ持って行きました。
左がスタート時に持っていったもの。右がデポバックに預けたもの。
デポバックがある精進湖民宿村までの距離を考えると、もう少しデポバックにあずけてもよかったですね〜。

そしてこれだけ持って帰ってきました。
持って帰った中からあたりめ、ナッツは夜の宴会でおつまみに消え、ベスパハイパーはウコンの力の代わりになるとどっかで読んだので飲み会前に飲んで消え、そしてカロリーメイト3袋はお山でいただきましたwww

今回は肉離れで遅いペースのつもりだったので40時間以上かかる計画で、
1時間あたり100kcalの想定で約4000kcalほど用意しました。

持ち帰ったものは(アミノ酸、電解質等は除く)16個ほど。
これにカロリーメイト3袋を追加すると19個。約19時間分くらい。

忍野までは行ったのでそこからゴールまで予定表ではざっくり14時間ほど。
ということは約5本ほど残る予定なので、
多いと思っていたけれどそんなこともなかったのか!

UTMFはエイドが充実していたのでそこで補給することが出来ますが、
なんにもない大会もあるのでそれなりには用意したほうがいいですね。

私はジェル類よりも噛んで食べるもののほうが合っているので、
今回は固形物を多めに持っていきました。
もうほとんど定番化しているカロリーメイトと、最近お気に入りのナッツが入ったクッキー状のバーです。小さいですがしっかりカロリーが取れるので気に入っています。

今回驚いたのがSTCのVO2MAXバー。
これズーミンこと吉住友里選手も使っています。
特筆すべきはこのバーの腹持ちのいいこと!
詳しくはここでも書かれていますが、

https://ameblo.jp/ochibi0701/entry-12235750038.html

こんなに小さいのに1本で1時間以上は持ちました

一口噛んで30回位モグモグとよく噛んで食べると3〜40分くらい全然大丈夫。
よく噛んで食べたほうが唾液が分泌され胃にも良いとのことだそうです。

気温が下がってきてからは小さなポットにお湯を入れ少しずつ飲んでいたので、
胃腸のトラブルは全くなしでした。
もし気温が上がっていたらどうなっていたか分かりませんが、今回は準備したもので大丈夫だったようです。

多いと思いこんでいたけれど、実際に出して数えてみるとそうでもなかったのに驚きました。今回補給食に関してはそれなりにうまく行ったということでしょうね。
なんでもギリギリで減らそうとかかりますが、
現地で無いと対応できなくってホント困りますから、
補給食に限らず他のものも、
迷ったらとりあえず持っていって現地で判断するが基本だとそう思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です