夏場における山での塩分と水分補給

ずいぶんと暖かくなってきてTシャツとランパンで走れるようになってきました。
これだけで気分が軽くなりトレランが楽しくなります。

しかし、急な気温上昇による大量の発汗で、
体内の水分やナトリウムなどが急激に失われると、
熱中症になったり水分だけを過剰に摂取し、低ナトリウム血症になったりするので注意が必要です。

汗をかくと補給しよう

熱中症とは

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

「熱中症について」:みんなの医療ガイド:お知らせ – 全日本病院協会

とあります。
夏場のトレランシーンでは多くの人は水分を意識的に摂りますが、
早朝から行動しているときなど気づかないうちに汗をかいていて、
暑いと感じたときにはすでに大量の汗をかいている場合があるので、
意識的に水分と電解質を摂る必要があります。

運動誘発性低ナトリウム血症とは

水分のみを過剰に摂取すると、血液中のナトリウム濃度が急激に低下し、手や足のむくみ、腹部膨満感、脳の腫脹による異常な疲労や激しい頭痛などの症状を引き起こすことがあるためです。これは運動誘発性低ナトリウム血症と呼ばれ、時に生命に関わる危険性もある病態です。

水分補給と運動誘発性低ナトリウム血症

暑いと言って水分だけを過剰に摂取すると、今度はナトリウム量が薄まり、
体内の恒常性によってこれ以上ナトリウムを出さないように汗をかかないようになります。
その状態でさらに水を飲むと発汗せずに体がむくんできます。
汗をかいたからと言って水分だけを摂ればいいのではなく、
体内の電解質濃度を一定に保つようにしないと体に変調をきたしてしまいます。

予防と対策

山では水しか補給できないことも
夏の水場では水分の補給と体も冷やしましょう!

水分と電解質をバランスよくこまめに摂り、定期的に休憩を入れ体を休めます。
濡れタオルを使って動脈に当て積極的に体を冷やしましょう。
水分はスポーツドリンクでも良いのですが、
山などに入ると水しか補給することが出来ないところもあります。
また、生ぬるくなったスポーツドリンクは、かなり甘さを感じるのでだんだんと飽きてきます。
なので、梅干しや塩熱サプリ、経口補水液のパウダーなどを使って上手に塩分を補給するといいですよ。
例えばこんなのとか。

こんなのもオススメ!

塩熱サプリ
1粒か2粒をガリガリ噛んで水で流すだけ

ミドリ安全塩熱サプリ — 走る山ねこやショップページ

塩熱サプリは山ねこやでも取り扱っています。
山ねこやは3000円以上お買い上げいただくと送料無料なので、
何かのついでに一緒に買うとお得です。

熱中症になった時の対処法

現場では速やかな処置が必要です。症状や重症度に関わらず、熱中症が疑われる時には涼しい場所へ移動し身体を冷やすことと、水分と電解質を速やかに補給する必要があります。

熱中症が疑われる時の応急処置

日陰などに入り衣類をゆるめ体から熱を放散させます。
動脈に濡れタオルなどを当てたりしてとにかく体温を下げます。
水分を自分で飲めるのなら電解質と一緒にとってもらい様子を見てください。
症状が落ち着いたらゆっくりと移動します。
念のために医療機関にかかることをおすすめします。

熱中症はちょっとした注意で未然に防ぐ事ができます。
決して無理せずにちょっとでも体調に自信がない無いときは、
やめるというのも長く山で安全に遊ぶコツですよ。
熱中症に気をつけて山ライフを楽しみましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です